サイトマップ
テニスへの提供
ジャパンウィメンズオープン2017
ダブルス 優勝!!(二連覇)
近藤乳業は プロテニスプレーヤー青山修子選手 と、2010年9月よりスポンサー契約を締結しています。
青山修子選手 プロフィール
生年月日
1987年12月19日
出身地
神奈川県
ダブルス世界ランキング
29位(2017年12月現在)
来歴
幼少の頃(9歳)からテニスを始め、高校時代に全日本ジュニアテニス選手権18歳以下シングルスベスト16、ダブルス優勝など、その頭角を現す。
高校卒業後、早稲田大学に進学し、全日本学生室内テニス選手権大会においてシングルス優勝、ダブルス優勝の輝かしい戦績をおさめる。
また、全日本対抗テニス王座決定試合において11勝1敗という戦績をおさめ、4年生の時にはキャプテンとして、チームを四連覇に導いた。
在学中は学生大会のみならず、国内外の一般大会にも数多く出場。
2009年においては、全日本室内テニス選手権大会シングルスベスト8、ダブルス優勝の輝かしい戦績を上げ、2010年1月よりプロ転向する。
戦歴
2017年
シティ・オープン 優勝
ウィンブルドンテニス選手権 ダブルス2R
ジャパン女子オープン 優勝
全米オープン ダブルス3R
武漢オープン 準優勝
ヨコハマハンディテニス大会参加(ボランティア)
2016年
ウィンブルドンテニス選手権 ダブルス2R
シティ・オープン ダブルス準優勝
全米オープン シングルス予選2R ダブルス1R
浜名湖国際女子テニス シングルス優勝(二連覇)
ジャパンウィメンズオープン ダブルス優勝
2015年
ASBクラシック ダブルス準優勝
浜名湖国際女子テニス シングルス優勝
安藤証券国際女子オープン ダブルス優勝
2014年
サプライズテニスクラシック ダブルス優勝
福岡国際女子テニス ダブルス優勝
シティ・オープン女子 ダブルス優勝(三連覇)
ジャパン・ウイメンズオープン ダブルス優勝
牧之原国際レディースオープンテニストーナメント シングルス 準優勝
ダンロップスリクソンワールドチャレンジテニストーナメント シングルス 準優勝
2013年
バーニー大会 ダブルス優勝
ローンセストン大会 シングルス準優勝
BMWマレーシア・オープン ダブルス優勝
ウィンブルドンテニス ダブルスベスト4
ダンロップチャレンジテニス ダブルス優勝(二連覇)
浜名湖国際女子テニス シングルス優勝 ダブルス優勝
2012年
バンダバーグ大会 シングルス準優勝、ダブルス優勝
レキシントン大会 ダブルス優勝
シティ・オープン女子 ダブルス優勝
ブロンクス大会 ダブルス優勝
浜名湖国際女子テニス シングルスベスト4、ダブルス優勝
全日本テニス選手権大会 ダブルス優勝(二連覇)
2011年
Pingguuo オープン(CHN)ダブルス優勝
Rancho Miraqeオープン(USA)シングルベスト8
Surprise オープン(USA)ダブルス優勝
Kuala Lumpur オープン(マレーシア)ダブルスベスト4
Kunmingオープン(USA)ダブルス優勝
Wenshan オープン(CHN)ダブルス優勝
福岡国際女子オープン ダブルス優勝
軽井沢ヨネックスオープン ダブルス優勝
ウィンブルドンテニス ダブルス 本戦出場
ユニバーシアード深セン(CHN)大会 ダブルス優勝(金メダル)
全日本テニス選手権シングルベスト4ダブルス優勝
2010年
1月プロ転向
6月東京有明国際女子オープン シングルス優勝、ダブルス優勝
9月能登国際女子オープン ダブルス準優勝
10月テニスHPジャパン女子オープン ダブルス準優勝
11月全日本テニス選手権 ダブルス準優勝
2009年
全日本室内テニス選手権大会 シングルスベスト8、ダブルス優勝
エレッセ甲府国際オープンテニス シングルスベスト4、ダブルス優勝
ユニバーシアード競技大会 シングル出場、ダブルスベスト4(銅メダル)
Mildura25000$(Australia)、ダブルスベスト4
2008年
全日本室内テニス選手権大会 シングルス準優勝(3月)
全日本学生テニス選手権大会 ダブルス優勝
全日本学生室内テニス選手権大会 シングルス優勝、ダブルス優勝
2007年
全日本学生テニス選手権大会 シングルス準優勝、ダブルス準優勝
2005年
全日本ジュニアテニス選手権大会18歳以下 ダブルス優勝
全国高校総体 シングルスベスト16
2004年
全日本ジュニアテニス選手権大会18歳以下 シングルスベスト16
2003年
全日本ジュニアテニス選手権大会16歳以下 ダブルス優勝
サイトマップ